トップページ > 重要なお知らせ > メール送信時におけるサブミッションポート(ポート587)と送信者認証機能(SMTP認証)のご提供につきまして > Microsoft Outlook 2002以降 の設定方法

メール送信時におけるサブミッションポート(ポート587)と
送信者認証機能(SMTP認証)のご提供につきまして

Microsoft Outlook 2002以降 の設定方法

  1. 画面 MicrosoftOutlookを起動して、メニューバーの[ツール]から[電子メールアカウント]を選択します。
  2. [電子メールアカウント]画面が表示されますので、[既存の電子メールアカウントの表示と変更]を選択して、[次へ]ボタンをクリックします。
  3. 画面 設定済みアカウントの一覧が表示されますので、変更をするアカウントを選択して[変更]ボタンをクリックします。
  4. 画面 [インターネット電子メール設定]画面が表示されますので、[詳細設定]ボタンをクリックします。
  5. 画面 表示された画面で[送信サーバー]タブを選択して、[送信サーバー(SMTP)は認証が必要]と[受信メールサーバーと同じ設定を使用する]にチェックを入れます。
  6. 画面 [詳細設定]タブを選択して、[サーバーのポート番号]項目の[送信サーバー(SMTP)]の値を"587"に変更して[OK]ボタンをクリックします。
    ([このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要]にチェックはしません)
  7. [完了]ボタンをクリックして設定画面を閉じます。

メールソフトリストへ戻る
お知らせ一覧へ戻る

▲このページの先頭へ